読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米とぎ棒

以前は帰りが遅かったのもあり毎日外食しておりました。
えらい人がうまいもん食っていい仕事するのは理にかなってますけどね、私のようなものがうまいもん食ってもね・・・

まあそれはそれとして、この度数年ぶりに一人暮らしすることになり
そしたら出費もかさみますから、自炊をしなきゃなと。


・・・


しかし台所に立つ習慣が失われて久しく、もとよりの怠惰さにさらに輪をかけてしまった今、炊事へのハードルがかつてなく高いんですよね。
台所が遠い・・・1DKなのに・・・


米炊くにも手が濡れるのがいや。食器洗うのも手間で、『今度一人暮らしした時は食器洗い機買おう・・・!』と心に決めていたのですが、水道の配線がどうのこうのでめんどくさそうだったので断念。

しかしこと炊飯に関しては、長年頼りにしている心強い味方がいるのです。


f:id:kalikan:20160623232608j:plain:w400

米とぎ棒です。

なんと釜に突っ込んで回すだけでお米が研げてしまう。

手が濡れないだけでびっくりするほど炊飯に対する不安がなくなるんですよ。
特に冬場は手荒れも防げる。生クリームも混ぜられる。


生活力のない同僚がマックもセブンもないやばい島から大東京に飛ばされる。三食吉野家じゃないの?と思って贈りましたが、ゆでたまごがすくいやすいと好評なようでした。私はゆでたまごすらもなんかめんどくさいですけどね。手間の割においしくないからかな?


Amazonで500円くらいなので、母の日父の日に花束と一緒にプレゼントするなり、たまには親孝行でもしたらどうですか?

★おわり★

広告を非表示にする